営業見習いの僕は、
どうやって新しいお客さんを集めることに成功したのでしょうか?



それは、
ある法則に気がついたからです。



新しい良いお客さんを、
自動で沢山集める、
とても
シンプルな方法に気が付きました。



従来の対面での人間関係を重視したアナログ営業も大切です。
しかし、
押売りを警戒した不況時のお客さんには嫌がられがちです…。



そこで
ホームページを作ったものの、
そもそも
見られない…。



なぜ見られないのでしょうか?



本当の原因は何でしょうか?



今思えば、
この原因に答えがありました。



まず、
小さな会社や小さなお店が
インターネットを通して営業するときには、
大企業と
正反対の営業方法をしなければいけません。



この
原則に気がつかないと、
小さな会社はいつまでたってもインターネットから集客できないので
注意が必要です。
インターネットで知ってもらえれば
見込み客を沢山集めることができるので、
従来のアナログな営業活動にも役立ちます。




例を上げてご説明いたします。



たとえば、
あなたの
ドコモの携帯電話が壊れたとします。



緊急で買い替えなければいけません。



この場合、
買い変える携帯電話の機種を
インターネットで調べる場合は、
まずはドコモのホームページへ行くはずです。



@まずは、ドコモのホームページから自分に合った機種をいくつか選んで、

A次に、さらに詳しい情報を確認するためにメーカーのホームページへ行って商品を調べて、

B最後に、
他のお客さんの使用感・
クチコミを調べて…、購入します。



つまり、
お客さんがネットで調べる順序は、
このような流れになります。

 ↓

→ @ドコモ → A商品 → Bクチコミ → 購入



次に、
小さな会社が
ドコモのマネをするとどうなるでしょうか?



甲府市の小さな会社・
山田管工業は、
LKG706という商品を売っているとします。



これをドコモの流れに当てはめると、

 ↓

→ 山田管工業 → LKG706 → クチコミ → 購入

となります。



ところが、
一般のお客さんは、
『山田管工業』という会社を知らないので、
『山田管工業』で検索することはありません。
『LKG706』も何なのか分からないので検索することはありません。
これではいつまで待っても探されません。



つまり、
小さな会社がインターネットから集客するためには、
大きな会社と正反対のアプローチをしなければいけません。



具体的には、
お客さんへ
クチコミから伝えることです。



お客さんが探す情報は、
「パイプの詰まりが直った!! 朝からシャワーも出なくて困っていたから助かったよ!!甲府の自宅へすぐに出張してくれたんだ!!」
という内容の
クチコミや個人ブログを探します。



お客さんがこの
情報を探す時に使う検索キーワードは、



“パイプ詰まり”“シャワー”“水が出ない”などに、“甲府市”“出張”などを
組み合わせたキーワードでしょう。



小さな会社が
お客さんから探されるためには、
どんな
キーワードを使ってインターネットから調べ物をする人が、
自分にとってのお客さんなのかをジックリ考えてみる必要があります



お客さんが使うキーワードさえ分かれば、
キーワードの検索結果のトップページを独占する方法があります。
トップページを独占すれば、
新しいお客さんを沢山集めることができます。



これが集客するために
一番シンプルで簡単な方法です。
個人事業・小さなお店・小さな会社にピッタリの方法です。



詳しくは、
こちら>http://a.jba.vc/をから続きをご覧ください。

 ↑
クリックすると続きを読めます。
















次に、
お客さんの多様化についてです。

























カーソルを下の青字に合わせて、マウスを左クリックすると続きを読めます。

     ↓

お客さんの属性に合わせて、効率的に集客する方法があります。























マーケティングの研究をしている稲田です。



僕は、
個人事業・小さなお店・小さな会社の
集客のお手伝いをして、
地域の小さな良いモノを残すお手伝いをしています。



みんなも、
お気に入りの商品がお店の棚からなくなった経験がありませんか?
お気に入りのお店が急に閉店した経験がありませんか?



地域の小さなお店や会社が、
知られていないことが理由で無くなってしまうことはもったいないことです。



地元の
小さなお店・小さな会社は、
大きな資本力のあるところと
資本の力で勝負をすると必ず負けます。
負けてなくなってしまいます。



それは良いことですか?



僕は良いことだと思いません。



『地元の小さなお店や小さな会社』が売る『商品・サービス』は、
『地元の小さなお店や小さな会社』の
リーダーの人生そのものだからです。



ところで、
小さな会社は
どのような物を売っているのでしょうか?
それは、
物【モノ】だけではなく
サービス【コト】が付加された商材です。



大資本が売る物【モノ】は、
広く知られているので、
お客さんから探されて、
他の物
【モノ】と比較されて買われます。



小さな会社が売るサービス【コト】は、
探されれば比較されません。
代わりがないので比較されません。
ですから、
価格競争は起こりづらい仕組みになっています。



しかし、
一般のお客さんから探されないので、
そもそも、
『商材を知ってもらうこと』ができていません。



これではもったいないと思いませんか?



知ってもらうことができれば、
お客さんに買ってもらえます。



まずは、
知ってもらう方法、
お客さんから探してもらう方法を考えてみましょう。



そのためには、
従来の営業方法とは違う方法で、
営業する必要があります。



一つは、
『大企業と逆から伝える』営業方法。



2つめは、
『お客さんの属性に合わせる』営業方法。



この2つのポイントを押さえることで、
個人事業・小さなお店・小さな会社へ、
新しいお客さんを沢山集めることができます。
続きはこちら
です。